膨大なデータが示すのは、 ただの数値じゃない。道路の未来だ。

管制センター設備保全業務大阪営業所 大阪保全事務所
関西支社道路管制センター 駐在

高速道路の心臓部分から、
道路の安全を支える。

交通量や渋滞情報はもちろん、設備の故障、情報機器の異常ログなど、現場に行かずとも、西日本全域の高速道路の情報をウォッチできるシステムがある。それが、NEXCO西日本の『頭脳』であり『心臓』とも言うべき、道路管制センター(中央局)。2010年入社の彼女は、高速道路現場での通信システム保全業務を経て、現在は道路管制センターで通信保全業務を担当している。

「現場にいたときは、故障や不具合があればすぐに駆けつけて治す。問題を自らの知識と技術で解決する面白さがありました。それとは逆に、今の仕事には、問題を発見するやりがいがあります」。ミッションは、ETCやハイウェイラジオなど通信に関するデータを収集して解析し、異常を発見したら現場担当に即座に連絡すること。たとえば故障が集中しているところがあれば、現場担当に設備の交換を促したり、従来想定していた補修年数の改善を提案する。彼女は、高速道路の『心臓』から、最適な血液の循環を促しているのだ。

真のトラブルシューターは、
トラブルが起きる前に
問題を解決する。

道路現場の問題発見に加えて、彼女にはもうひとつ大切な仕事がある。それは、未来の安全を支えるということ。今ある異変を探知するだけでなく、今後故障が起こり得る場所とその可能性をデータから推測するのだ。まだ問題としては現れていなくても、小さな不具合や老朽化が水面下で進んでいることもある。こうした将来の『トラブルの芽』を、収集した膨大なデータから嗅ぎつけるのである。

「一つのデータでは見えなかったことも、いろいろなデータを付き合わせて角度を変えて見ると発見できる場合があります。現場で問題が顕在化する前に発見できたときは、日々の苦労も報われますね」。今だけでなく未来のために、攻めてこそ守れる安全がある。パソコンでデータをひたすら追い続けるこの仕事は、緻密な作業も多い。そんなとき彼女の心を癒すのは休憩時間の1杯のコーヒーと、気のおけない仲間との会話。重たい責任を背負うのは、自分一人じゃない。仲間との一体感が、道路を守る原動力となっている。

用語解説

異常ログ

機器の動作や故障状態などが蓄積される履歴情報。

道路管制センター

西日本エリアに4箇所あり、高速道路の司令塔の様な施設である。管轄する地区の交通情報の配信や収集を行う。

ETC

Electric Toll Collection system:ノンストップ自動料金支払いシステム 。料金所ゲートに設置したアンテナと通行車の車載器との間で無線通信を用いて自動的に料金の支払いを行うことにより、有料道路の料金所を止まることなく通行可能とするシステムです。

ハイウェイラジオ

案内標示板の始点板から終点板にかけて1620KHzのAM放送を流し、渋滞、工事等の高速道路情報を提供する設備。

働く「ヒト」たち